FC2ブログ

大村楽器 足柄営業所ブログ

Hotな情報やスタッフ裏話まで、皆さんにお届けします

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

スポンサーサイト

Posted by 足柄金太郎 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南足柄センター生徒紹介

Posted by 足柄金太郎 on   0 comments   0 trackback

佐藤善彬くん

106.jpg

ヤマハ音楽教室、2歳児 赤りんごコースより音楽をはじめ、
4・5歳児 幼児科コース終了時 山口先生から推薦のもと
ジュニア専門コースへすすむ。

山口先生・・・ピアノを弾くのが大好きで おうちでも真面目にきちんと練習してくるので
       小さいころからとても上手に弾ける子でした。

ジュニア専門コースからは畔田先生に引き継がれ、現在マスターコース3年目の中学1年生。

畔田先生・・・レッスンでは言葉少なめで黙々と着実にこなしています。
       心の中に秘めたものを感じ、ピアノの音色も輝きを増してきました。
       ピアノの勉強は楽しいことばかりではありませんが、その苦しいと思う事も
       喜びに変える強さを持っています。これからの活躍に期待しています。

<本人からのコメント>

佐藤善彬です。
ピアノを続けてきて、好きな作曲家2人に出会いました。
「ベートーヴェン」と「ショパン」です。
ベートーヴェンの「ピアノソナタ23番 熱情」は、広い音域で力強くドラマティックな表現が成されているので大好きです。
ショパンの「アンダンテ・スピアートと華麗なる大ポロネーズ」と「幻想ポロネーズ」も和音の移り変わりが美しく大好きです。
これらの曲をいつか弾いてみたいです。
コンクールでは、いつも参加者も方々から刺激を受け、特にバッハは1人1人が違う解釈をしていて、とても勉強になります。
また、畔田先生のおかげでピアノの奥の深さを知りました。ヤマハのマスタークラスに入ることが出来て、素晴らしい先生方に教えていただいています。とても感謝しています。
将来は、ピアニストになり、人々に感動をあたえられたらいいなーと思います。
人の心に残る演奏がしたいです。



数々のコンクールに出場し、良い成績をおさめている善彬くん
今後もスタッフ一同、応援しています

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ashigara7.blog63.fc2.com/tb.php/91-2164aadd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。